ワキガは脇の下の細菌繁殖が原因!うまく解消するコツとは?

脇の下が臭うワキガは、汗と脂肪酸を常在菌が分解することが原因となります。汗腺には2種類あって体の至る所にあるエクリン腺は、体温を調節するために汗を出し、汗の成分の9割は水分、無臭でさらっとしています。もうひとつのアポクリン腺は、脇の下や耳の中など主に毛が密集した部分にあり、脂肪やタンパク質などを含んだ汗なので粘り気がありますが、無臭です。この2つの汗腺から出る汗と、皮膚にある皮脂腺から出る脂肪酸を、皮膚の常在菌が分解し、繁殖しながらかなりきつい刺激臭を発生させます。特にワキガの人は、アポクリン腺から出る汗が多いのが原因となります。


ワキガを防ぐには、皮膚の常在菌が繁殖しないように汗をかいても濡れたまませず、脇の下を清潔にしたり、細菌の栄養となる皮脂腺からの脂肪酸の分泌量を抑えることが大事です。汗をかいたらこまめに拭き取り着替えたり、吸湿性や通気性の良いコットンや、汗が乾きやすい素材の肌着や服を着ましょう。またワキパットを装着して、こまめに交換するのも効率的です。外出先では制汗剤を使えば、素早く汗の臭いが抑えられますが、使いすぎると肌を痛めたり、毛穴が詰まってしまうのでほどほどにしましょう。特に夏場は涼しい部屋に入ると汗を引きますが、肌や服の上に残っているので臭いは引かないため、濡れタオルなどでしっかり拭き取りましょう。また、脇毛を処理しないと、汗で脇毛が濡れてジメジメした状態になり細菌が繁殖しやすくなります。冬でもこまめに脇毛を処理しておきましょう。


更に、入浴時には脇の下も石鹸を泡立てて、念入りに洗いましょう。ゴシゴシこすると肌を痛めるので、泡を転がすような感じで優しくキレイにしましょう。また皮膚常在菌の中でも、黄色ブドウ球菌など特に悪玉菌と呼ばれる細菌が悪臭を作り出します。逆に表皮ブドウ球菌などの善玉菌は、肌のターンオーバーを活発にするためにある程度必要な細菌です。洗浄力の強い石けんを使うと、善玉菌まで殺菌してしまうので、肌にはよくありません。善玉菌を残して悪玉菌だけを撃退するためには、弱酸性の石鹸がおすすめです。そして、入浴後は殺菌、制汗作用のあるミョウバンを水に溶かして、脇にスプレーしておくと臭いが出にくくなりワキガには効果的です。また、肉やバターなど動物性脂肪を摂りすぎると、脂肪酸の分泌が増えるのでできるだけ控えるようにしましょう。他にもアポクリン腺からのドロドロした汗を減らすためには、汗をたくさんかいて汗腺を鍛えることが大事です。そのためには、ヨガやウォーキングなどの運動を取り入れ、さらっとした汗が出るようにしましょう。