脇の下のぶつぶつは脇毛処理とニキビが原因!簡単にできる解消方法とは?

脇の下の皮膚がぶつぶつしていて、まるで鳥肌みたいになる肌トラブルは、皮脂や汚れによるにきびと、脇毛処理をカミソリや毛抜きで行った事が原因で引き起こされます。まず毛穴を清潔にしていないと、皮脂が溜まって白いぶつぶつに白ニキビが、汚れが酸化して黒いぶつぶつの黒ニキビができます。更に汗を抑えるための制汗剤を使いすぎると、毛穴が詰まることがあります。また、毛抜きを使い強い力で脇毛を引っこ抜くと穴が空き、傷ついた毛穴を保護するために、毛穴の周りの皮膚が盛り上がり毛穴を塞ぎます。すると、次に生えてくる毛が毛穴に閉じ込められて埋没毛となり、黒いぶつぶつが出来上がるのです。そして、カミソリで脇毛を剃ると肌が刃で擦れて傷つき、炎症を起こして腫れあがり、毛穴が盛り上がってぶつぶつした肌になってしまいます。


脇の下のぶつぶつを防ぐには、脇毛の処理を肌に負担のないやり方で行うことが大事です。毛抜きを使う場合は、入浴後や蒸しタオルで脇の下を温めて毛穴が開いた状態で、あまり強い力で引っ張らないように気をつけましょう。カミソリを使う時は、泡立てたシェーブクリームを脇の下に塗り、何度も同じ場所を刃でこすらないように一気に剃りましょう。脇毛の処理後は肌が敏感になり細菌が入りこみやすいので、化粧水やクリームでしっかり保湿しておきましょう。また、毛穴にニキビができないように普段から清潔にしておくことも大事です。入浴時はよく泡立てた石鹸で脇の下も、指先で泡を転がすようにソフトタッチで丁寧に洗いましょう。泡が残らないようによくすすいで、タオルで押さえるように拭き、しっかり保湿ケアをしておきましょう。


そして、毛穴が汚れで詰まらないように、肌の新陳代謝を活発にすることもニキビ予防には必要です。肌を活性化させるビタミンやミネラルを多く含むワカメやひじきなどの海藻類、オレンジやキウイなどの果物、他にきのこや大豆製品なども積極的に摂りましょう。逆に皮脂を作りだす脂肪分の多い肉や糖分、油分の多い甘いものやスナック類、肌に刺激を与える唐辛子がカフェインの多いコーヒーなどの摂取も控えましょう。更に脇の下は汗腺が多く、冬でも汗をかきやすいのでこまめに拭いたり着替えたりして、汗で濡れたままにしておかないように気をつけてみてください。また、脇の下の肌は擦れると傷ついて炎症を起こしやすいので、体にフィットしすぎる肌着や服はやめて、ゆったりめのデザインものを着ましょう。